新着コラム

こんな時がSEにとって一番危険「とにかくやるしかない!」〜つづき〜

2017.03.26 (日)

◆実際にあったギリギリの時の話   とある現場にいたころの話です。   突然発覚 … 続きを読む»

こんな時がSEにとって一番危険「とにかくやるしかない!」

2017.03.25 (土)

◆誰もが経験する「とにかくやるしかない」時 人によってシチュエーションは様々ですが、 SEであれば、 … 続きを読む»

あれ?もっとやれると思ってたのに。中途採用SEのジレンマ  〜 つづき 〜

2017.02.27 (月)

前回のつづきです。 「あれ?こんなはずじゃなかったのに」 中途採用のSEが、 このように感じてしまう … 続きを読む»

あれ?もっとやれると思ってたのに。中途採用SEのジレンマ

2017.02.26 (日)

◆再出発をしたSEが抱えるジレンマ 最近の、SEの業界は一昔前の状況からは 想像できない程の人不足に … 続きを読む»

SEが育たない「言ったもん負け」の空気

2017.02.15 (水)

◆「言ったもん負け」という言葉 「言ったもん勝ち」という言葉があります。 これは、最初に発言や提案を … 続きを読む»

疲れたSEには、SE人生のメンテナンスが必要

 誰かに感謝されるうれしさ、新しいものを創造する楽しさ、知識・技術が身につく成長の実感、こんな事をイメージしていたシステムエンジニア(SE)としてのこれからの人生。
 ・・・でも、現実はなんか違った。仕事がきつい、残業漬けの毎日、どんなスキルを身につければ良いかわからない、将来が不安、人間関係の悩み、相談相手が周りにいない・・。なんとか今の仕事を乗り切っても、また次の大変な仕事がやってくる。「このままでは、いつか潰れてしまう?」「このままSEを続けても良いものだろうか?」こんな想いで日々の仕事と向き合っていませんか?
 SEはいつも忙しい。SEはいつも孤独。SEはいつも不安と隣り合わせ。SEを続けていくことは、とても大変なことです。自身の健康、車や住居、そしてシステムも、毎日働き続ける「何か」には、必ず定期的なメンテナンスが行われています。・・・そしてSEも。
 あなたがあなたらしく、あなた自身が望む未来を創っていくために、SEライフのメンテナンスが必要です。

SEライフアドバイザーが考える「SEの未来」

 わたしはSE歴18年以上、主に金融系SEでした。プロジェクトは上流工程からサービスインまでひととおりを担当し、一作業員から、20名強の課の課長まで、いろんなポジションで経験したことがあります。そして今も週5日、月曜日から金曜日まで普通のSEとして現場で働いています。
 デスマーチのど真ん中にいた事もあります。傷つき離脱するメンバーもたくさん見てきました。どんどん仕事がやりにくくなっていく現場の環境。時代は先に進んでいるけど、自分は取り残されているような感覚。・・・八方塞がりの閉塞感を感じながら過ごす日々。そう何より私自身が、この先の将来に悩めるSEでした。
 そんなわたしが辿り着いたひとつの結論があります。それは「SEも、そしてSEを取り巻く環境もこのままではいけない」という事。
 SEは、純粋で、考えて、作って、人に喜んでもらいたい。これがSEの本質です。このSEの本質がもっと活かされる世の中にしたい。SEが毎日を笑顔で過ごせる世の中にしたい。SE同志がもっと自由に交流し、お互いを補いながら、高め合えるような世の中にしたい。これが、わたしがSEライフアドバイザーという道を進もうと考えた理由であり、いつの日か実現したいSEの未来です。

SE LIFE BOAT のサポート / 教育・研修サービス

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP